• ホーム
  • 緊急避妊薬の効果はどれ位あるのでしょうか

緊急避妊薬の効果はどれ位あるのでしょうか

2019年11月18日
笑顔の女性

最近性交の際の避妊に失敗してしまったと青ざめた顔で慌てて病院に駆け込んで緊急避妊薬を医師から処方してもらう人達が増えています。
一昔前までは緊急避妊薬の存在はそれほど世間には知られていませんでしたが、情報化社会の現在では誰もが世の中で流行しているものは何なのかについてすぐに知ることが出来るようになった結果、緊急避妊薬の世間一般的な認知度も飛躍的に向上しました。

ところで緊急避妊薬は本当に避妊の為の効果を期待できるものなのでしょうか?またもし効果があるとしたら、その効果は果たしてどれ位期待できるものなのでしょうか?
残念ながら緊急避妊薬の避妊効果は100パーセントではありません。
驚くべきことに80パーセント程しかないのです。
しかしこの80パーセントという数字を多いとみるか少ないとみるかは人それぞれによって違います。
最初から避妊手術を受けた場合等のような100パーセントの効果があると思い込んでいた人達の場合、この80パーセントという数字はとてつもなく低い数字に感じられるでしょうし、とりあえず避妊の為には藁をもすがる気持ちで何でもいいから利用したいという心持ちで使用した人達の場合、80パーセントというのも決して悪くはない数字であると言えるでしょう。

しかしただ確実に言えることは、80パーセントであったとしても、緊急避妊薬にはきちんと避妊としての効果があるということです。
なので避妊に失敗した場合は何もしないでボーっと毎日怯えながら過ごすよりは、可能性のこと等を何も考えずにさっさと使用した方が確実に避妊の為には有効的であるということが言えます。
人によっては気休め程度の効果があるとしか思えないかもしれませんが、それでも何もしないよりはずっとマシなのです。

関連記事
ピルの種類と値段について

ピルには、「高容量ピル」、「中容量ピル」、「低容量ピル」の大きく分けて3つがあります。違いは、ホルモンの量の違いです。高容量を中容量は、ホルモン異常などの病気の際に使用されることがほとんどです。ホルモンの量も多いので、副作用も大きくでますので、医師の支持の元服用することとなります。病気で使用されるの...

2019年10月15日
緊急避妊薬による副作用とは

緊急避妊薬は、性行為をして避妊に失敗した場合に望まない妊娠を防ぐために使用されるもので、中用量ピルを使用したり、低用量ピルを一度に多く摂取するのが一般的です。緊急避妊薬によって女性ホルモンを多量に摂取し、受精卵が子宮内膜に着床しないようにしたり、排卵を遅らせるなどして強制的に妊娠しない状態にすること...

2019年11月03日